読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休み大遠征 番外編 ~北海道グルメリポート編~

みなさまお久しぶりです。最後の日記が91日前とか気のせい。

なんでこんなに間隔が空いたかというと、まあそのうちお話しします。今回はやり残してた、北海道番外編、北海道で食った飯の数々です。

 

とある人物は「どっかいこう」のタイトルでグルメリポートしかしてないのですが、私はだいたい旅ブログなので基本グルメはそっちに譲っています。

本編にグルメ入れちゃうとごっちゃなるのでこちらにまとめることにしました。後は飯テロ対策。深夜に見る方はご注意。

時系列は多少前後します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shirasabakun:20150224011531j:plain

 こちら、帯広名物豚丼帯広駅前の定食屋にて。十勝牛ばかりに目が行くけど、豚丼は実は道東が発祥という話も。知らなかった。

帯広駅の南口と北口を間違えてなかなかありつけなかった思ひ出。

 

 

f:id:shirasabakun:20150224012011j:plain

こちらは北見の焼き肉。その土地柄、質の良い牛肉が安く手に入り、12.5万人の人口に対する焼肉店が多い。写真の肉は生焼けに見えるが、これがうまいんだまた。

 

f:id:shirasabakun:20150224012310j:plain

また、北見はたまねぎ生産量全国1位とのこと。塩玉ねぎもたまらない。

 

なお、一人焼肉。

 

 

 

網走にていただいたのは、

f:id:shirasabakun:20150224012955j:plain

流 氷 カ レ ー

 

まさに飯テロ。

f:id:shirasabakun:20150224013022j:plain

なんやこれ!青!この青は海を表し、白いヤツはチキンで、流氷を表してるそうです。

味はまあ、まずくはない。

 

 

北の端、稚内では宗谷牛を使ったサンドイッチ的なのをいただきました。

f:id:shirasabakun:20150224014059j:plain

 

 

室蘭は焼き鳥が有名。

f:id:shirasabakun:20150224020741j:plain

室蘭では「焼き鳥」に使うのは豚肉らしい。

 

 

北海道といったらラーメンですね。北海道3大ラーメンまとめて挙げます。

f:id:shirasabakun:20150224013724j:plain

札幌のみそラーメン。

 

f:id:shirasabakun:20150224013759j:plain

函館の塩ラーメン。

 

f:id:shirasabakun:20150224013832j:plain

旭川のしょうゆラーメンです。

 

 

そして北海道といえばコレ、ジンギスカン

f:id:shirasabakun:20150224021059j:plain

北海道きたら絶対にジンギスカンは食っとけって言われたけど、本当にうまかった。私もおすすめする。

全然臭みとかないよ。

 

当然一人焼肉。

 

 

最後に洞爺湖でいたただい冷おしるこ。

f:id:shirasabakun:20150224021304j:plain

洞爺湖に浮かぶ中島をイメージしたそうです。

 

 

 

 

 

で、北海道土産は

f:id:shirasabakun:20150224021631j:plain

天パ野郎のアレ

夏休み大遠征 終章 ~哀しみの帰熊~

 

9月10日朝

 

F社のインターンシップのため夜行バスに乗り込んで富士急ハイランドで下車。もう会社名言ってしまってるようなもの。

 

 

いかに私が無能かわかったインターンでした。

 

 

9月12日

全日程が終了し、優待券をもらったので

 

富士急ハイランドで遊ぶで!!(スーツ一人)

 

 

 

f:id:shirasabakun:20141124140038j:plain

おっさん「なんやアイツ・・・」

 

 

 

FUJIYAMAに乗ったで!!!

 

f:id:shirasabakun:20141124140409j:plain

 

 

終電は19時33分。十分余裕がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はずだった。

 

富士山駅から大月、新横浜を経由して京都に帰る。富士山駅に到着した時に電車がちょうど出てしまったのが18時半頃。電車は約30分に1本なので吉田うどんを食いながら次の列車を待ってた。

f:id:shirasabakun:20141124140958j:plain

富士山仕様吉田うどん

 

次発の電車で調べたら今日中には帰れない。は?

あと30分は余裕があったはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

ポクポクポクポク・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーン!

わかったぞ。帰りの電車を調べる際、富士急行線からJRへの乗り換えとなる大月駅から調べてたんだ!

そして富士山駅から大月駅までの電車の移動時間は1時間。ここから導き出される結論は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さきほど逃した電車こそが終電である。

 

 

 

 

 

え、は、どうしよ。

夜行バスは今からとるのは厳しい。電車じゃ名古屋までしか帰れない。

 

ここでの判断力はさすが、いくつもの修羅場をくぐってきた俺。

東京で宿泊して翌日帰るのが安上がりだと判断した。

 

とりあえず新幹線のきっぷを払い戻し、中央線で新宿へ向かう。

寝床を探してると埼玉のI氏(7月の関東編参照)が快いオファー。オファーとは言わんか。

 

 

ということで時間調整をして埼玉に向かった。ちょっとした事件もあったが触れないでおこう。

 

今回は寝床を貸してくれるだけだったので翌日昼には出て、夕方東京観光(=秋葉原)して夜に夜行バスで帰った。

ラジ館復活してた。

 

 

京都に帰り数日後、つらいつらい現実が待つ熊本に帰った。岡山よりも何よりも熊本こそが一番クソ。

 

 

こうして夏休み1か月弱にわたる大遠征が終了したのであった。

 

 

 

 

 

最後にほぼ年中無休(第2章参照)にもう一度トライすることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shirasabakun:20141124142412j:plain

 

「ほぼ」は0%

お知らせ

手短にいいます。

 

 

 

誕生日?そんなのどうでもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み大遠征シリーズは執筆者のやる気が無いだけでまだ終わってません。

夏休み大遠征 第8章 ~さらば北海道~

函館山から下山し、函館駅に戻る。駅前で塩ラーメンを食す。

日付が変わり、9月7日となった。
あれ?寝床どうすんの?
いらないんだなこれが。

1時前、静まり返った函館駅にとある列車が到着した。

f:id:shirasabakun:20141027005619j:plain
f:id:shirasabakun:20141027005633j:plain
DD51ディーゼル機関車と24系客車による急行「はまなす」札幌行き

現在、定期運行している(臨時ではない)JR全線において唯一の「急行」列車である。
昔は多く存在した急行列車も、今は新幹線、特急、快速列車の登場により、中途半端な立ち位置の急行列車は衰退していった。
この列車は22時すぎ青森を出発し、翌6時すぎに札幌に到着する、近距離の夜行列車。寝台の客車もある。
そんな特殊な立ち位置であるから生き残ったと言えるのだが、北海道新幹線の開通にともない廃止は濃厚。急行列車は絶滅する。


ということで座席に座り、そこで睡眠をとった。ケツが痛い。






6時すぎ、札幌駅に到着。少し時間調整をして、特急「スーパーカムイ」でもう一度旭川に向かう。

というのは、北海道3大ラーメン
・札幌みそラーメン
旭川しょうゆラーメン
・函館塩ラーメン

こいつらをすべて食って帰りたかったからである。
駅から徒歩5分ほどし、朝9時に開店するラーメン屋に入りしょうゆラーメンをいただいた。
店主からはすぐに旅行者だとわかったようで、熊本から来たと答えると店主、「ああ、味千が有名な」
流石である。



カムイで戻り、スーパー北斗に乗り継ぐ。14時頃に洞爺駅に到着。さらにバスに乗り継ぐ。



こうして到着したのが洞爺湖


f:id:shirasabakun:20141027005657j:plain





あまり時間もなかったのでバスで戻る。
洞爺駅に16時半すぎ。ついに奴がきた。











この旅の大本命・・・


f:id:shirasabakun:20141027005733j:plain

f:id:shirasabakun:20141027005751j:plain

f:id:shirasabakun:20141027005803j:plain




トワイライトエクスプレス!キング・オブ・寝台特急


はまなす」と同じく、DD51ディーゼル機関車と24系客車による運転。ただし、この機関車は五稜郭までである。

五稜郭からは電化区間なので電気機関車に付け替え。進行方向をかえ青函トンネルに入る。
1週間かけて旅してまわった北海道に別れである。

今度は札幌周辺やな。


青森でまた機関車を付け替え、進行方向が戻るころにはまどろんでいた。







9月8日

最上川を渡っているときに目が覚めたが2時ごろ。すぐにまた寝た。
起きたのは新潟県直江津駅に到着する手前。
さて、内装はこんな感じ。

f:id:shirasabakun:20141027005822j:plain

f:id:shirasabakun:20141027005834j:plain


いやー、まさに夢の空間。

敦賀駅では周波数が変わるので(60Hzと50Hz)機関車をさらに付け替える。

f:id:shirasabakun:20141027005848j:plain

付け替え作業中の電気機関車EF81。






こうして夢のような時間はすぎ、京都駅に到着。

f:id:shirasabakun:20141027005917j:plain

去りゆく王者を見送って無事北海道の旅は終わった。

夏休み大遠征 7.5章 ~しらさばくん死す於函館~

 

はい、すいませんでした。

 

 

東室蘭駅に戻り、普通列車長万部行に乗る。

1時間ほど列車に揺られ、とある駅で降りた。

 

その駅名は小幌駅。

 

秘境駅ランキング1位として君臨するこの駅。

近くに民家はおろか、道さえないのである。まさに陸の孤島。宮崎をバカにできないレベル。

 

そのような誰も使わないような駅。降りるのは当然そんな物好きの俺くらいしかいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shirasabakun:20141023001540j:plain

降 車 人 数 8 名

 

もちろん、目的は全員同じである。

 

f:id:shirasabakun:20141023001610j:plain

釣り人がごくまれに使うらしいのでヒラメのシールが。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shirasabakun:20141023001640j:plain

いやー雰囲気がもう何者をも寄せ付けない。

四方はトンネルと雑木林しかない。どうやって使うんだこの駅。

 

 

 

一旦室蘭に戻り、例のインターンの人にきいた室蘭名物焼き鳥を食べる。その人は出身は旭川で現在室蘭の大学に通ってるらしい。

 

そのあと乗るのは281系気動車特急「スーパー北斗」函館行。

f:id:shirasabakun:20141023001659j:plain

f:id:shirasabakun:20141023001711j:plain

子供の時、好きだったが本の中でしか見れなかった、その車両を目の前で。

 

20時半頃函館駅に到着。

 

f:id:shirasabakun:20141023001733j:plain

 

さらに函館市電に乗り換える。

 

函館はだいたい久留米と同じくらいの規模なので、久留米に路面電車があるようなものだと想像していただければ。

 

 

f:id:shirasabakun:20141023001807j:plain

さらにさらに、ロープウェイに乗る。ロープウェイの中には数組のカップルと単騎の20歳独身。俺は何をしてるんだろう。

 

 

何をしてるか。函館といえば夜景です。世界三大夜景。

函館山から眺める夜景のためですよ。その函館山、標高がですね。

 

f:id:shirasabakun:20141023001830j:plain

 

なんでや!阪神関係ないやろ!

 

それどころか乗ってきた函館山ロープウェイのWebページ、

 

f:id:shirasabakun:20141023001852p:plain

 

本当に阪神関係ない。ミリもかすってない。

 

そんな100万ドル、もとい334万ドルの夜景がこちら。

 

f:id:shirasabakun:20141023001912j:plain

 

まあうまく撮れなかったのできれいなものを見たい人は恋人とでも来てください。

恋人いない奴は首吊れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッ

 

夏休み大遠征 第7章 ~しらさばくん死す於室蘭~

9月6日

9時8分出発の富良野行きの特急に乗るため札幌駅に7時に到着。ネカフェのパックの都合上仕方ない。

待合ベンチでうとうとしてたら9時を回ったので改札をくぐった。

 

さて、富良野行きの特急は何番乗り場だ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ないぞ

今9時5分だよな?

 

 

 

 

 

 

f:id:shirasabakun:20141022234353j:plain

 

なんで8分発だと思ったのか

 

これで富良野行きは消え、すぐに本日の行先変更を余儀なくされた。

 

こうなったら次発の特急に乗り込んでから考えよう!

次発 特急すずらん 室蘭行

 

よし、決めた。

 

 

 

 

 

 

 

室蘭駅の1つ手前母恋駅で下車し、山道を3kmほど歩く。そして到着した。

 

f:id:shirasabakun:20141022234443j:plain

 

自殺の名所地球岬

 

いやー長かったのか短かったのわからない人生でしたがね。こうして皆さんに出会えたこと、うれしかったです。じゃあの。

夏休み大遠征 第6章 ~夕張のメロンはメロンではない~

 

 

9月5日

この日だけは何も予定が無かったので旭川にでも行くことにしました。

その前に・・・

 

f:id:shirasabakun:20141013232838j:plain

f:id:shirasabakun:20141013232854j:plain

キハ261系気動車スーパーとかち1号」帯広行に乗り向かった先は

 

f:id:shirasabakun:20141013232918j:plain

夕張!メロン!

9時前新夕張駅到着。

この駅前にある道の駅夕張で1時間弱滞在、夕張的な何か土産買って帰ろうという魂胆だ。

 

 

 

 

 

 

f:id:shirasabakun:20141013233112j:plain

折り返しの札幌行きの特急が来るときちょうど開店ですね。アホ。俺のアホ。

 

 

f:id:shirasabakun:20141013233138j:plain

せめてメロンと記念撮影

 

 

新夕張駅から釧路方面の新得駅までは普通列車が走っていない。そのため、青春18きっぷなどは特例として新夕張新得間では特急列車に乗ってもよい。

 

f:id:shirasabakun:20141013233208j:plain

特急だらけ。

 

札幌に戻り、特急スーパーカムイ旭川行きに乗車。

f:id:shirasabakun:20141013233348j:plain

スーパーカムイ785系と789系とあり、写真は789系。特急電車。そう、電車。気動車ではなく電車の導入にはいろいろとお金がかかるのだ。そんなこと全部を人口密度の低く広大な北海道でやってたらアカン。採算がとりやすい札幌周辺はしているが。

 

ってわけで旭川に到着。さらに東旭川駅まで移動し、バスに乗り換え向かった先は・・・

 

f:id:shirasabakun:20141013233438j:plain

旭山動物園

旭川市旭山動物園です。ややこしいね。もちろん一人。もう当たり前だから赤の大文字とか使わんぞ。

 

f:id:shirasabakun:20141013233520j:plain

ああ^~首やば

 

f:id:shirasabakun:20141013233645j:plain

完全に( ˘ω˘ )スヤァ…

 

結局閉園までいました。

 

 

 

なお、夕張で買えなかった土産などは後日新千歳空港で購入しました。

 

 

タイトル回収しときますと夕張のメロン、

f:id:shirasabakun:20141013232819j:plain

メロンとは言えないですよねwwwおやこんな時間に誰だろう