読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休み大遠征 終章 ~哀しみの帰熊~

 

9月10日朝

 

F社のインターンシップのため夜行バスに乗り込んで富士急ハイランドで下車。もう会社名言ってしまってるようなもの。

 

 

いかに私が無能かわかったインターンでした。

 

 

9月12日

全日程が終了し、優待券をもらったので

 

富士急ハイランドで遊ぶで!!(スーツ一人)

 

 

 

f:id:shirasabakun:20141124140038j:plain

おっさん「なんやアイツ・・・」

 

 

 

FUJIYAMAに乗ったで!!!

 

f:id:shirasabakun:20141124140409j:plain

 

 

終電は19時33分。十分余裕がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はずだった。

 

富士山駅から大月、新横浜を経由して京都に帰る。富士山駅に到着した時に電車がちょうど出てしまったのが18時半頃。電車は約30分に1本なので吉田うどんを食いながら次の列車を待ってた。

f:id:shirasabakun:20141124140958j:plain

富士山仕様吉田うどん

 

次発の電車で調べたら今日中には帰れない。は?

あと30分は余裕があったはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

ポクポクポクポク・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーン!

わかったぞ。帰りの電車を調べる際、富士急行線からJRへの乗り換えとなる大月駅から調べてたんだ!

そして富士山駅から大月駅までの電車の移動時間は1時間。ここから導き出される結論は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さきほど逃した電車こそが終電である。

 

 

 

 

 

え、は、どうしよ。

夜行バスは今からとるのは厳しい。電車じゃ名古屋までしか帰れない。

 

ここでの判断力はさすが、いくつもの修羅場をくぐってきた俺。

東京で宿泊して翌日帰るのが安上がりだと判断した。

 

とりあえず新幹線のきっぷを払い戻し、中央線で新宿へ向かう。

寝床を探してると埼玉のI氏(7月の関東編参照)が快いオファー。オファーとは言わんか。

 

 

ということで時間調整をして埼玉に向かった。ちょっとした事件もあったが触れないでおこう。

 

今回は寝床を貸してくれるだけだったので翌日昼には出て、夕方東京観光(=秋葉原)して夜に夜行バスで帰った。

ラジ館復活してた。

 

 

京都に帰り数日後、つらいつらい現実が待つ熊本に帰った。岡山よりも何よりも熊本こそが一番クソ。

 

 

こうして夏休み1か月弱にわたる大遠征が終了したのであった。

 

 

 

 

 

最後にほぼ年中無休(第2章参照)にもう一度トライすることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shirasabakun:20141124142412j:plain

 

「ほぼ」は0%